8085ed1d9fc96cc5bae361f097b112780.jpg

さて

今回の旅に同行した知人は
大衆演劇ファン歴20年の
報道カメラマンです

なんでも大衆演劇ファンになったきっかけというのが

当時名古屋にあった大衆演劇の劇場
“鈴蘭南座”で
某劇団に密着取材を行ったこと

家族や親類で構成されていて
日本全国を移動しながら月毎に興行を続けるという

いわゆる“大衆演劇らしい”
劇団さんを取材しているうちに

劇場関係者をはじめ
劇団員さん達ともすっかり親しくなり

以来、プライベートでも足を運ぶようになったんだそう

しかし
鈴蘭南座閉鎖に伴い、最近では殆ど
見る機会が無くなってしまい

こうして私めが出掛けるタイミングで
お休みがあえばたまに同行するといった次第です

当時取材対象となった劇団さんというのが

『橘劇団』

20年前に劇団座長を務めていた
“橘菊太郎さん”は
今では座長の座を甥っ子に譲り
“総座長”に

当時まだ中学生になったばかりで
溌剌と可愛かった
甥の“橘大五郎くん”は
今では座長としての貫禄十分に成長し

橘劇団そのものも
いつしか日本屈指の人気劇団さんになりました


「僕を初めてテレビという媒体で世に出してくれたのはこの人なんです!」

数年前、久しぶりに彼が客席にいるのを見つけた大五郎座長が
嬉しそうに彼のことをそう紹介してくれたそうです

大五郎座長(大ちゃん)曰く

「僕の一番古いファンは彼」

そんな橘劇団さんとの繋がりを持つ友人に喜んでもらおうと

墨田区の居酒屋のあとで
2次会に選んだお店が

浅草にある『カラオケスナック橘』

名前のとおり
浅草の贔屓が『橘劇団』の為にとオープンさせたお店で

橘劇団ファンはもとより
劇団員さん達の憩いの場にもなっているんです

私めは
本当に ひょんなきっかけで
以前このお店を紹介して貰ったのですが

“一番古いファン”
と大ちゃんに言わしめた彼をいつか案内してみたい…

と密かに思っていたのですよ

お店の外にもポスターが貼られ
店内にも写真やサイン、ポスター等、びっしり

何も知らずに連れて来られた友人

「わー!こんなお店があるんだ」

と喜んでくれて
これまた小雪も鼻が高い
(*´∀`)

オーナーさんに

「予約のお客さん?」

と聞かれ、フリーだと告げると
私達の為にひと卓作ってくれました

店内にはお客様ひとグループ

そして
他のテーブルには
団体さん用なのか…?

20名ぶん程のグラスや乾きものがセットされていました

なんだか賑やかな事になりそうだと思っているところで

次回へ続くよ