15d8511d33640ee5d1ae9a2cf05fad3c0.jpg

『カラオケスナック橘』

にての2次会は

私めと、浅草在住の三味線弾きくん
そして名古屋の報道カメラマン
計3人

席に案内していただきましたが

何やら団体さんの予約があるらしく
私達で打ち止め
どうやら本日は
満卓の様子

大将にご挨拶申し上げると

大将:「今日これから菊太郎さん(総座長)来るから」

ああ…
それでファンの皆様の予約席かしら
これから続々と詰めかけるってワケですね

こちらとしても
今回友人を連れて来たタイミングで
総座長が現れるとはなんたる幸運
(о´∀`о)

私自身
このお店に来る事自体が年に1度
あるかないかなのに…

友人:「菊太郎さん久しぶりだなぁ…僕の事覚えてるかしら」

ワクワクしながらウーロン茶を飲む
カメラマンT氏(お酒飲めない人)

大五郎座長とは
舞台のあとの送り出しなんかで
きみ、年に1、2度はご挨拶してるけど

総座長 菊太郎さんは
あんまりご挨拶する機会がないものね…

ちょっと喋れば思い出すよ
きっとね!
( ̄ー ̄)

なんて言いながら飲むことしばし

店の扉を開けて現れましたのは
意外や意外…

二代目 南條隆(かなり偉い人)

友人:「あれ?南條さん」

私:「何で素顔見てすぐわかるの?」

友人:「インタビューした事あるから」

…そういえばこの日の浅草木馬館は
南條さんトコとの合同公演

それで菊太郎さんと南條さんを囲んだファンの集いみたくなるのかも

なんてボソボソ話していたら

次に現れたのは
おっとビックリ

橘劇団 三代目座長

『橘大五郎』(九州演劇協会会長)

友人:「大ちゃん~!」

大五郎座長:「ビックリしたぁ…何してんのこんなトコで!舞台を見にも来ずにさぁ」

友人:「明日行くから、今日はその前乗りで来たの」

大五郎座長:「あぁ、そうなんだ、明日?」

友人:「そう明日の昼」

私:「座長、まだ私達 席とってないんですが ご用意していただく事出来ますか?」

大五郎座長:「いいよ、3人?じゃあ
とっとくね」

やったー
( ゚∀゚)

これで明日、当日席確保に早起きしなくても大丈夫

そっからは続々と役者さん達が
来るわ来るわ

ファンを囲んでの集いではなく
役者さん達の飲み会にたまたま紛れたカタチだったんですね私達
(;゜∇゜)

最後に総座長 菊太郎さんがいらして
改めて皆で乾杯
(`・з・)ノU☆Uヽ(・ω・´)

菊太郎さんはというと
カメラマンT氏の事を
やっぱり最初は誰だか思い出せない感じでしたが

名古屋で密着取材していたカメラマンだと告げると

菊:「ああ~!俺は思い出したけど 大(大五郎座長)は覚えてないだろ!」

大:「何言ってんの、俺は覚えてるよ
たまにどっか見に来てくれてるしさ」

そんなこんなで

思いがけず、豪華な役者陣が揃うなか
末席にて楽しませていただきました

役者さん達のプライベートに立ち入る事はマナー違反だし
立ち入る程に熱烈なファンでもなし

私達は私達で飲んで喋って歌ってました
( ・∇・)

役者さん達が店を出たのは0時過ぎ

スナック橘のオーナー夫妻とハグをして
私達が店を出たのが2時30分

三味線弾きくん(歌舞伎の舞台で弾いてる人)は
彼の仕事に興味を持った役者さんや関係者さんと

歌舞伎の話等して良い時間を過ごせたようです

三味線弾き:「あー楽しかった♪」


前日夜、急に同行を希望したカメラマンT氏

彼を浅草の地でもてなそうと
ふと思い立って行ってみただけのお店で

素晴らしい出会いをいただきました

写真は
花魁姿の大五郎座長

5月は浅草木馬館にて公演中です

お芝居がべらぼうに上手な好青年

決して美形ではないけれど
初めて見たときにその演技に衝撃を受けたのを覚えています

小雪がオススメする
5つの劇団のなかのひとつ

博多行きを取り止めて
墨田区の居酒屋と木馬館の橘劇団へ
スケジュールを変更した
私の偶然

これも必然だったのかな…
とぼんやり思いつつ

楽しかったどー

それでは皆様 また('ー')/