e1eff226cd534c645e7fc1a5abed88710.jpg
a1bb6b752dc2951728e8cce7849e0eb70.jpg
f2d0ce2f99b346fd2111da25e3a748f00.jpg
dce52697b9c7d6963182463ce1ce64540.jpg

皆様ごきげんよう

昔馴染みの弟分が
なかなかに攻めたトークライブを演ると聞まして

名古屋と早稲田のお友達も興味を示し
参加表明

3人で現地集合してきました
ヽ(・∀・)ノ

面白いか
全然盛り上がらないか

全く未知数のまま

それでも行かずばなるまいと

無理やりでも時間を作ってスケジュールねじ込みました次第

固定観念、レッテル、平成事件簿としての重大さ…

様々なものが連想されるなか

結果
全く俗物的なイベントでなく
至って知的なものになりました

・仏教的観点から考察する幸せの基準
・心理学、人身掌握術としての落語と宗教

・カルト集団の存在意義とその功罪
・人を人たらしめる意識と無意識の葛藤
     …等

そういった内容を
資料や文献から引用し
巧みに話を展開する上祐氏と

抜群のセンスと勘とで
上祐氏の一連の話を
一般的な事象や言葉に落とし込み
笑いに昇華させる
立川こしら

いつの間にやら
ボケと突っ込みが交錯する
コンビ芸のようになっていったのは

特筆すべき事ですよ

開演2時間30分で私のほうがタイムアウト

知人に軽く挨拶をして
後ろ髪引かれながら会場を後にしましたが

もうずっと集中力が途切れないまま
とても楽しい時間を過ごす事が出来ました
(* ゚∀゚)

名古屋に暮らす事自体にはなんの不満もないけれど
今回みたいに、好奇心に直結する
質の良いイベントが当たり前に興されているという点に於いては

そこはもう圧倒的に東京ですね~

美術館、歌舞伎、落語
トークイベント、シンポジウム

そういった文化の発信地としての東京

次に行くのは…
来月かなぁ

それでは皆様 また('ー')/